2011年03月25日

ランニング復活!

最近すっかり怠けた生活にどっぷりとつかってしまい、増え続ける体重...
IMG_2397.jpg
高校時代から全然変わらなかった体重が30歳を目前にして急増、ずっと48kgだった体重がピークで15kg増しの63kgまでに達していたときもあったのですが、去年11月のGUAM社員旅行にむけて走り込んでなんとか4kg減量に成功(^-^)v

しかし、GUAMから帰ってきた途端にすっかり走らない日々が続き、気がつけばまたまた63kg目前まできているではありませんか!!

これはマズい・・・


というわけで、ランニング復活!

火曜日にプレゼントしてもらったランニングタイツを履いて、NikeのランニングシューズにiPhoneアプリ・Nike+GPSでLet's RUN!!

ここでもう一つ重要アイテムを追加(^o^)/

POLARの心拍計で有酸素運動の心拍数をコントロールしながら効率よく脂肪を燃焼o(^o^)o
RIMG0060.jpg


これはどういうことかというと・・・

運動には有酸素運動と無酸素運動があります。

有酸素運動とはその名の通り酸素を燃焼させて行う運動のことです。比較的弱い力が継続的に筋肉にかかり続ける時は糖分や脂肪を酸素と一緒に燃焼させてエネルギーを作り出します。従って有酸素運動を行うと脂肪を減らすことが出来るのです。

無酸素運動とは逆に酸素を燃焼させないで行う運動のことです。強い力を瞬発的に筋肉にかける時は筋肉に蓄積されている糖質(グリコーゲン)を使用してエネルギーを作り出します。無酸素運動では脂肪を減らすことは出来ません。しかしながら無酸素運動は筋肉を鍛えることが出来るので基礎代謝量(一日何もしなくても消費するカロリー量)を増やすことが出来ます。

ということで、脂肪を燃焼させるという目的には有酸素運動になります。(正確には有酸素運動と無酸素運動の両方を行うのが効率のいいダイエットの秘訣なんだそうですが..)


そして、有酸素運動と密接な関係にあるのが心拍数です。心拍数が低ければ運動強度が弱いので脂肪が燃えにくくなり、逆に高すぎても無酸素運動となってしまいます。

体脂肪を効率的に燃焼させるには最大心拍数の6割〜7割程度の運動強度で行うといいそうです。最大心拍数=220−年齢で算出できるので、

心拍数=(220−年齢)×0.6〜0.7

の範囲内で運動すれば効率よく脂肪を燃焼するという訳なんです!!

つまり現在33歳なので、心拍数を(220-33)×0.6〜0.7=112.2〜130.9ぐらいの範囲で運動すれば有酸素運動になるんですね(^o^)b

このPOLARの心拍計はただ心拍数を計ってくれるのではなく、あらかじめ設定していおいた心拍数の範囲から外れるとピーピー鳴って知らせてくれるんです!つまり、この心拍計が鳴らないようにペース配分をして走れば、有酸素運動が効率よくできるんです(^-^)v


久しぶりのランニングなのであまり無理をしないようにと思って45分の設定で走り始めたのですが・・・iPhoneで聴いてる曲に盛り上がってしまい、ついつい設定時間より長く走ってしまいました(^^;
スクリーンショット(2011-03-25 23.57.32).png

走行時間 60分
走行距離 7.85km
消費カロリー 477kcal


スクリーンショット(2011-03-25 23.58.41).png


まだまだ外は寒いけど、走ればすぐに体はポカポカ(^o^)目標は週2〜3回のペースで3ヶ月後の結婚式までに5kg減量!頑張るぞo(^o^)o


posted by TKC at 23:28| Comment(1) | Running | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ダイエット・・・。
前の体からは想像もできません・・・。
がんばってください☆
結婚式は何月になったんですか??
今日先生にお会いして子供を見せる夢をみました。
(た)さんは夢みますか??
15キロましになったとは言え、キラキラは全く変わらず(た)さんに存在していますね☆
Posted by まーちゃん☆ at 2011年03月27日 09:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。