2012年02月20日

ポップ・オブ・クイーン・マドンナのスーパーボウル2012でのハーフタイムショーがスゴい!!

先日2/5に行われたアメリカンフットボールの頂点を決めるアメリカの国民的イベント、スーパーボウル2012。このハーフタイムでのショーは過去、マイケル・ジャクソン、ブルース・スプリングスティーン、プリンス、ジャネット・ジャクソン、U2、ローリング・ストーンズにエアロスミスなどの超ビッグアーティストがパフォーマンスをしてきていますが、今回はPOP OF QUEEN "MADONNA"がパフォーマンスを披露しました(^o^)b

このショーがスゴいスゴい、ハンパないすごさで(*o*)スーパーボウルは例年全米で最高の視聴率を記録していて、昨年はアメリカ国内だけで1億6200万人が視聴したとされています。最近音楽ネタが少ない当ブログですが、今日はそんなマドンナのショーの模様を紹介したいと思います(^-^)b
300.jpg


あーだこーだ言う前に、まずはショーの動画をどうぞ!

Superbowl 2012 Halftime Show / Madonna


まずは登場シーン。古代ローマ帝国を彷彿とさせるスペクタクルなセットと共に黄金のグラディエーター風の豪華な衣装を身にまとい登場したマドンナ。
スクリーンショット(2012-02-20 16.51.13).png
もはやハリウッド映画なみのセットで1曲目、90年代の大ヒット曲「Vogue」を歌います。

(た)がちょっと気になっていたのは、この本番前にマドンナと犬猿の仲で有名なエルトン・ジョンがマドンナに対してのアドバイスをと聞かれて応えた一言「上手に口パクすることだね」

果たして口パクなの???と1曲目の歌い出しを聴いてみると・・・ちゃんと歌っているような歌っていないような...

それでも今年で54歳になりるとは思えないプロポーションとパフォーマンス、さすがマダ〜ンナ♪そして上空から見たアングルでしかわからない巨大なモニーターで様々な映像が音とリンクしているステージの演出も圧巻!
スクリーンショット(2012-02-20 16.53.48).png
3Dプロジェクションマッピングといって、建物などの凹凸をあらかじめ3Dデータ化しておき、その表面に立体的な映像をプロジェクターで映写する技術だそうです。

続いて2曲目は(た)が大好きな曲「Music」、アディダスの白いトラックスーツを着たダンサーと階段式の応援席で魅せたダンスはさすがアメリカ、こんなの見ちゃうと日本の・・・とかのダンスが見れなくなっちゃいますよね(笑)
スクリーンショット(2012-02-20 17.00.53).png


さらにスゴかったのが動画4:10ぐらいからロープでトランポリンのようにピョンピョンやるこの人(笑)
スクリーンショット(2012-02-20 16.12.53).png
初めて見た時は「シルク・ドゥ・ソレイユか!」とか思いましたけど、ホントにシルク・ドゥ・ソレイユのクリエイティブチームが参加していたそうです(^o^)b

そのままLMFAOと彼らのヒット曲「Party Rock Anthem」「Sexy and I Know It」のリミックスへと流れ込み、このハーフタイムショーのパフォーマンスに合わせてリリースされたマドンナのニューシングル「Give Me All Your Luvin’」へ。金色のポンポンを手にしたマドンナは、Nicki MinajとM.I.A.を含むチアリーダーとスーパーボウルにぴったりなステージを披露。

・・・と、ここでアクシデント発生!!途中、M.I.A.が自分のパートのリリックで...
miafinger.jpg
動画7:53のシーンでもハッキリと確認できますが、台から降りたM.I.A.が左足だけ台に乗せた直後...立ってますね、中指(^^;

全米の中継概念を変えた2004年ハーフタイム・ショーのジャネット・ジャクソンによるポロリ事件。あのアクシデントの繰り返しを防ぐべく、今回完全リアルタイムオンエアはしないで導入された数秒の遅延オンエア。もちろんこのシーンでも一時的に画像が乱れモザイク処理が作動してはいるのですが・・・絶妙なタイミングでずれてます(笑)

そんなアクシデントも何のその、Cee-Lo Greenが大規模なマーチング・バンドを引き連れて登場。マドンナとグリーンは「Open Your Heart」と「Express Yourself」のフレーズに軽く触れたあと、輝くローブを着た大人数の聖歌隊を背後に「Like a Prayer」を歌い上げ、フィールドには「世界平和」の文字が浮かび上がりフィナーレを迎えました。
スクリーンショット(2012-02-20 17.59.27).png
途中9:07ぐらいの「Open Your Heart」でのグリーンとの掛け合い部分とかの歌声が曲を歌ってるときとだいぶ違うような気がして、やっぱり口パク!?説が否めない気もしないでもありませんが・・・とにかくアメリカらしい、スケールのでっかいパフォーマンス。個人的な感想としては、さすがPOP OF QUEENのショー!といったかんじでした(^o^)b



posted by TKC at 23:59| Comment(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。